Junichi Miyazawa,
"When you decide a Jaanese title."
Honyaku jiten '98, September 1997.


邦題を自分で決めるとき
宮澤淳一

『翻訳事典'98』 アルク,1997年9月(141頁)




   翻訳で遭遇する固有名詞でもうひとつやっかいなのは書名や文学・芸術作品名である。邦題の有無を確認し、適切な邦題があれば、それを用いなくてはならないし、なければ自分で決める責任を負うことになる。

   最近『パーシー・グレインジャー/管弦楽作品集』というCDの解説を書いた〔東芝EMI TOCE-9476〕。グレインジャー(Percy Grainger, 1882-1961)は近年紹介の始まったばかりの作曲家である。そのため、収録作品の大半は邦題が存在せず、すべて私が決めることになった。

   最も悩んだのが、 In a Nutshell という作品であった。 nutshell(ナッツの殻)に基づく熟語で、英和辞典には「かいつまんで言えば〜」「簡単に言えば〜」「要するに〜」など、副詞句としての訳語ばかりが並んでおり、どれも作品名としてはしっくりいかない。昨年〔1996年〕改訂された『クラシック音楽作品名辞典』(三省堂)には「イン・ア・ナットシェル」とあるが、編著者も悩んだのだろう。

   試みにインターネットのサーチエンジン数箇所に in a nutshell の3語を打ち込み、この熟語の用いられているホームページを検索してみた。すると、 Java in a Nutshell, MBA in a Nutshell, Advertising in a Nutshell, Unix in a Nutshell, The Internet in a Nutshell, Meditation in a Nutshell, New England in a Nutshell . . . と、無数の用例が出てきた。どれもホームページの題名そのもので、すべて何らかのトピックについて簡明に内容をまとめたページである。こうした形容詞句の用例は辞書ではみつけることができなかった。

   考えてみると、In a Nutshell は、性格の異なる4曲から成る組曲で、グレインジャーの多面的な音楽世界を総攬できるようになっている。まさにこれは、 Grainger in a Nutshell である。結局、組曲『早わかり』と名づけた。辞書だけを引いていたらこの邦題は思いつかなかった。膨大な生きた用例にアクセスできるようになったインターネットの可能性に感謝している。


N.B.再録にあたっては、入稿に使用したデータを、ほぼそのまま用いています。

このページの冒頭に戻る。グレインジャーの解説に戻る。さまざまに戻る


(C) 1997-2005 Junichi Miyazawa

冒頭 | ご挨拶 | ニュース | 原稿 | プロフィール | リンク | さまざま
音楽 | 文学 | メディア論 | カナダ研究 | ロシア研究 | 入り口ページ

* グールド * マクルーハン * グレインジャー * ブルガーコフ *